市原の歴史

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 三和・南総・加茂エリア

    根本神社の神楽

    天神七代、地神五代を祀り、通称十二所権現様と地域から呼ばれ親しまれている。享保年間が起源とされる十二座神楽は市指定無…

    • 三和・南総・加茂エリア

    宝林寺

    宝林寺は、滝沢馬琴の長編小説「南総里見八犬伝」に登場する主人公「里見伏姫」のモデルと言われる「里見種姫」ゆかりのお寺…

    • 八幡・辰巳台エリア

    飯香岡八幡宮

    国指定の文化財などが多く残る八幡宮。「子育て八幡」と呼ばれ、縁結びと子育てに霊験があると崇敬を集めてきた。その象徴が…

    • ちはら台・市津エリア

    奈良の大仏

    1804年(文化元年)作、役1.7mの石造釈迦如来立像。元は平将門が931年に(承平元年)に銅像で建立したと伝えられ…

    • 三和・南総・加茂エリア

    鶴峰八幡の神楽

    鎌倉の鶴岡八幡宮、館山の鶴谷神社とともに、「関東の三鶴」と称される神社。10月中旬の秋の大祭に、境内の神楽殿で奉納さ…

    • 三和・南総・加茂エリア

    真高寺山門

    入母屋造二重構造の山門。中備の蟇股や妻飾りには、初代武井伊八郎信由(波の伊八)の彫刻が、また天井板には狩野景川の竜図…